スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕と舟見@@ 

今日は、僕が1年間日記を書いてきて、舟見にお世話になってきて思ったことを書きます

5年生の時、僕はみんなの足を引っ張ってばかりでした。でも、何とかついて行けるように練習して努力しました。その結果、試合にたくさん出れるようになりました。ドキドキしたけど、少しずつワクワクもするようになりました そのドキドキ感やワクワク感が、だんだん真剣さや楽しみに変わって来るんだなーと思いました

僕が、舟見での野球から学んだことは、礼儀や努力をすることの大切さです。礼やあいさつを元気よくすると、気持ちよくスタートすることができました また、努力に無駄はないことも分かりました

部長・監督・コーチに対する思いは、真剣に怒ってくれたり、褒めてくれたり、厳しく指導してくれたりと、まるでお父さんのような存在でした。本当にありがとうございました

野球をしてきて、みんなを目標に、また、ライバルだと思ってやってきたけど、みんなが僕の中では、かけがえのない存在でした。みんなと野球ができたことが、すごく楽しかったし誇りに思っています これからも、舟見のグランドで、もう少しみんなと練習できるので、今後もよろしくお願いします

また、たくさんの父兄の皆様、1年間、僕たちをお世話をしてくれたり、応援してくれたりと本当にありがとうございました まだ、継走大会・感謝祭とありますが、今後もよろしくおねがいします。

関戸 大貴


nttki
プレイボール

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。